看護学校と大学

以前は看護師になるなら、高校卒業後看護専門学校進学し、看護に必要な事を学び国家試験を受けて看護師にという流れが主流でした。
最近では、短大や大学に進学し、そこの看護科で看護師としての専門知識を学ぶという選択肢をとる学生が増えてきました。
では、看護専門学校に通う看護学生と、大学や短大で看護を学ぶ学生の違いは何なのでしょうか?
看護専門学校に通う学生は、その名の通り看護に関する技術や知識を学びますが、大学や短期大学では看護以外の事も学びます。
特に大学で看護を学ぶ学生は就職先の幅が広がりますし、4年制大学ならば保健師や助産師の国家試験受験資格まで得られます。
また「大卒」という大きな武器である経歴もつきます。
大学のコースによっては養護教諭の資格も取得できたりと、学べる幅はかなり広がります。
しかし、大学にもデメリットがあります。学費や入試のレベルが高いことや、看護科のある大学が少ないこと、専門学校卒生や短大卒生と比べ看護師として現場に立つのが少し遅れることなどです。
一方専門学校のメリットは学費が安く、修業期間も3年で実習体制も充実しており、より実践に近いことが学べます。
いずれにせよ、メリットデメリットは多かれ少なかれあります。
将来どのような道に進みたいかでどちらに進むべきか決まってくると思います。しかし勉学や技術だけにとらわれず、看護師として必要な思いやりや優しさを持つことを忘れないように、日々の学習に励んでいくべきですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>